コンテンツへスキップ

遺品の片付けというのはやり方として

遺品というのはどうしても捨てることに抵抗感があります。私も少なからずそうではあったのですが、割と覚悟を決めてしまうとそこそこ簡単にどんどん捨てることができるようになりました。まず、必要なものであるのかどうか、ということでばっさりとわけることにしました。これによってかなり効率的に行うことができました。しかし、問題もありました。それがタンスとかです。テレビもそうでした。要するに捨てるにそのままポイするだけでよいわけではない、というものが大変でした。もちろん、普通に粗大ゴミで捨てることになるのですが問題は遺品があるのが自分の家ではない、ということです。もちろん、その家も相続はしたのですがそこに住んでいるわけではないのでその家からゴミを出すということができないので困ったのです。もうどうしようもないのでそこそこお金がかかってしまうのですが民間の業者に引き取ってもらうことにしました。これで上手くいきました。