コンテンツへスキップ

引越しの時の掃除や、長年手をつけていないような実家の物置から粗大ごみが見つかることはよくあります。一辺が1mを超えるようなサイズの粗大ごみは燃えるゴミの日に気軽に捨てることができないため、処分に困りますね。電化製品など一部は有料で処分することになりますが、タンスやソファなどの家具などは市町村のゴミ処理場に持ち込むと無料で処分することが出来ます。廃品回収サービスなどに依頼すると有料引取りになることが多いですので、マイカーに詰め込めるサイズならゴミ処理場に持ち込むことがベストです。また状態が良くまだ使えそうだなと感じるなら、意外と近くにあるリサイクルショップで引き取ってもらうことも出来ます。ブランド物やよほど状態が良くない限りそれほど高額の値段はつきませんが、大型の家具で自分で持ち込むことは難しいという場合には一度問い合わせてみることです。引取りに来てもらえる上に換金することが出来ます。もし状態が悪く値段が付かない時には無料でそのまま引き取ってもらえますので、できる限り清掃してキレイな状態に戻してからダメモトで申し込んでみると単に捨ててしまうよりお得だったりするものです。