コンテンツへスキップ

亡くなった祖母の家の掃除をすることになりました。そこで私が苦労したのは可燃ゴミ以外の全てのゴミの始末です。ゴミの種類、そして廃棄方法までもが細分化され、はっきり言って素人の目ではどれをどう処分するのか手がつけらません。市役所に電話して聞いたり、リサイクルショップで引き取ってくれないか聞いたりしました。

物を何でも大事にとっておく人だったので、家には物があふれて困りました。これを家に出すだけでも大変で、それに費用もかかりました。びっくりしたことに、古い日本人形などの置物や着物などには結構な値段で引き取ってくれるものもありました。あとはザクザクでてきた記念硬貨、切手などは高く売れました。こういうのには必ずコレクターがいるので何でもゴミと思わずとりあえず店に持ち込むとよいと想います。ゴミの中から思わぬ宝が見つかることもあるので、人生わからないものです。不用品でもどこかには欲しがる人がいると想うので、時間は少しかかりますが、掃除の前にはそのような手を売っておくとよいでしょう。